地盤調査で大切な家族を守れ|地震大国に住む義務

自然を利用して節電する

作業員

地中熱利用は、地上と地中の温度差に着目した自然エネルギーの利用システムです。夏は涼しく冬は暖かい地中の熱を地上に放出することで、空調管理などを行います。従来は工場などでの設置が主体となっていましたが、最近はこのシステムを導入した住宅も販売されています。

もっと見る

厄介なゴミを電気に変える

男の人

バイオガス発電は動物のフンやゴミなどから、再生利用で自然環境に優しいエネルギーを確保する手段として注目されています。うまく運用し、有効に活用している事例も有ります。各種助成金も用意されていますので、導入について検討されてみては如何でしょうか。

もっと見る

迅速対応してくれる

井戸

井戸工事を依頼するなら無料で相談にのってくれて、追加料金を請求しないサービスを利用するのがおすすめです。信頼できる井戸工事サービスでは工事して水が出ないときは、代金を請求しない会社があります。また事前に現場を調査して、万全の準備をしてから工事するので安心です。

もっと見る

住宅建築で大切なこと

工事現場

土地の強度が大切です

住宅を建てる場合に重要になるのは、土地の地盤です。どんなに立派な住宅を建てても、その住宅が建っている土地の地盤が弱ければ、将来的には不具合を生じる可能性があるからです。地盤は実際に地盤調査を行ってみなければ外から見ただけでは分かりません。隣の宅地までは地盤がしっかりしているのに、自分の土地から地盤が変わっているということもあります。昔から地盤が強い土地と言われていても、地盤調査をしてみなければ確実なことは分からないのです。結局のところは地下のことですから、表面からではどうにもなりません。地盤調査の方法にも様々なものがありますが、通常の住宅を建築するだけであれば、負荷をかけたニードルをさすことで地盤の強度を図るだけで十分です。

購入前に調査する

土地を購入して住宅を建築する場合、造成された住宅団地であれば、地盤調査まで行われていることがほとんどですので、地盤補強工事も含めた価格がわかります。しかし、個人の土地を購入して住宅を建築する場合には、地盤調査を行わせてくれないことがあります。その場合には、土地を購入した後に地盤調査を行って、地盤補強工事が必要かどうかを判断することになりますので、予想以上に経費がかかることに注意しなければなりません。個人の土地を購入する場合には、できるだけ地盤調査を行わせてもらうか、周囲の状況を良く調べて、どの程度の地盤補強が必要になるかをあらかじめ予想しておくことが重要です。地盤補強だけでも100万円を超える経費がかかる場合もあります。