自然を利用して節電する|地盤調査で大切な家族を守れ|地震大国に住む義務

地盤調査で大切な家族を守れ|地震大国に住む義務

自然を利用して節電する

作業員

汲めども尽きない熱資源

自然保護・環境保護の観点から、近年では自然エネルギーに対する関心が高まっています。代表的なところでは太陽光発電や風力発電などが知られており、また再生可能な植物を使ったバイオマス燃料なども開発が進んでいます。こうした自然エネルギーの利用法の1つに、地中熱利用というものがあります。地中熱利用とは、地面の下の熱を地上に放出することで温度管理などを行うシステムです。産業用としては比較的長い歴史を持っていますが、一般住宅用のシステムが販売されるようになってから急激に注目度が高まってきました。地中熱利用は、地球環境に負荷をかけないということの他に、経済的なメリットもあります。導入コストはかかるものの、エネルギー源は基本的に無尽蔵なので、長期にわたって使用するほどに光熱費の節減効果が大きくなります。

高い省エネ効果

地中熱利用の方法にはいくつかの種類がありますが、最もポピュラーなのはヒートポンプ方式です。地中の温度は地上に比べて季節ごとの変化が少なく、地下10メートルぐらいの場所では地上の年間平均気温にほぼ等しいレベルで1年を通して一定しています。つまり地上と比較すると夏は涼しく、冬は暖かいということになります。地中熱利用では、ヒートポンプという設備を使ってこの熱を地上に汲み上げ、夏は冷気を、冬は暖気を放出します。これによって室温調整を行えば、エアコンの消費電力等を節約することができます。地中熱利用は、日本のように四季の寒暖が比較的はっきりした地域には特に適したシステムです。また、日照や風といった気象条件にもほとんど左右されることがありません。そのため、安定的なエネルギー供給システムとして人気を集めています。